“ais project”とは?

 

2.5次元舞台を中心に活躍する北村諒、「仮面ライダービルド」出演の越智友己らが所属するジャパン・ミュージックエンターテインメント(JME)グループのプロダクション、aisが 2018年のVol.1「すべての犬は、明日に向かって走ってく!」、2019年のVol.2「傷だらけの猪は、希望の光へ猛進する」に続き、2020年に送るエンターテインメント・プロジェクト。

第3回公演「泪するドブ鼠は、哀しみの愛にしがみ付く」。

ミュージカル「忍たま乱太郎」、舞台「アンフェアな月」、魔劇「今日からマ王」などで活躍の脚本、演出家、菅野臣太朗による書き下ろし作品。

JMEグルーブのais所属俳優を中心に、ジャパン・エンターテインメント・アカデミー(JEA)で学ぶ生徒の中からオーディションで選ばれた役者達による舞台。

aisが次世代のスターを発掘して世に送り出すプロジェクトです。ご期待下さい。

 

Share This